食生活の見直しをすることでダイエット効果を極限まで高める

学生の頃、学校の最寄り駅構内に
みなさんご存知のハンバーガー店がありました。
私はいつも混んでいる学食で食事がするのが嫌で
よくそのハンバーガー店を利用していました。
かなりのヘビーユーザーで1週間の内、
3、4日はお昼をそこで済ませたりしていました。
お昼だけでなく、お菓子やお酒も好きだったので
食生活はめちゃめちゃでした。

そんな生活を続けていてスマートな体型でいられるはずもなく、
自身でこれはヤバい…。、と思うデッドラインに到達してしまいました。
そこで私が行ったダイエットは
すでに健康に気を使っている人には
効果はないかもしれませんが、
食生活を見直し、無駄食いを徹底的に排除するものでした。

とりあえず、肉をやめて魚と野菜中心の生活。
肉は食べても少量に抑えました。
お昼はお弁当にして、間食の禁止。
無駄食いをやめるために
今まで無駄に食べていた食べ物をリストアップして、
毎日の食事の中でも、栄養とカロリーのバランスを見て
おかずに使う食材を入れ替えれるように
この食材を使うときにはこの食材も一緒に使う。
、というのが一目でわかるように表にしておきした。
最初は手間ですが一回作ってしまえば毎日使えるので
ここだけ頑張って食材の栄養素など調べました。

今思うと、少し形は違いますが
食べたものをリストにしてチェックしながら
次に食べるものを考えるという
レコーディングダイエットに近いようなものでした。
当時はそんな言葉はありませんでしたが…。

あとは今でこそ脂肪や糖の吸収を抑えてくれる
健康ドリンクのような物がいっぱいありますが
当時はそんなになかったので
私は桑の葉の粉末が良いと聞いて愛用していました。
実際に効果があったかはよくわかりませんが
腸の中を綺麗にしてくれたりする効果もあったようです。

運動などはジムに行ったり、ジョギングしたりはしませんでした。
それでも1ヶ月で2キロほど落ちました。
私の場合は食べ過ぎだっただけかもしれないですが…。
それでもしばらく食べたものをチェックして続けていると
意外と食べ過ぎていることに気づきます。

私がしたことは簡単で
食生活を見直し、食べる量や物に気をつける。だけでした。
それでも半年で7キロほど落ちました。
そんなことはもうやっている。、という人もいるかもしれませんが
大事なのは何か簡単なことでも
まずは行動を始めてみることと、
無理のないように続けることだと思います。
そのためには、まず自分が痩せる必要があるということを
恥ずかしくて、認めたくないかもしれませんが
本気で認識することがダイエットの近道なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です